ウォーターサーバーを比較する際のポイント

ウォーターサーバーは一般家庭においてもかなりの割合で普及してきました。
特に大震災以降にその傾向が強まってきたように感じます。


また、今現在導入を検討しているという家庭も多いのではないでしょうか。

しかし、ウォーターサーバー業界は現在激戦となっています。
これは切磋琢磨し良い影響が出ているので、購入する家庭側としては良いことなのですが、一方で比較してもよく分からないと困る場合もよくあることのようです。

そこで、ウォーターサーバーを比較する際に分かりやすい2つのポイントをご紹介いたします。



まず一つ目は、水の種類です。

水の種類は大きく分けて2つあります。天然水と呼ばれるものの、そして、RO水と呼ばれるものです。

まず天然水は文字通りの天然の水で、名水と呼ばれるような湧出地から採取したものをそのままボトルに入れています。

ですのでミネラル分がたっぷり含まれた美味しい水なのが特徴です。
もちろん、水質の安全性はきちんと検査されています。
一方RO水は、RO膜と呼ばれるフィルターで水をろ過したもので、より安全性が高いだけでなく、ミネラルも除去されているので赤ちゃんのミルク用などには最適です。

天然水より安いことが多いのも比較材料となるでしょう。



そして二つ目は、ボトルの種類です。
配送されるボトルにはリターナブル式とワンウェイ式の二つがあります。

リターナブル式は使い終わったボトルを回収し洗浄した後再利用するもので、エコかつ価格が安いのが特徴です。

ただし空ボトルを回収まで補完する必要があります。

一方ワンウェイ式は使い捨てですのでより衛生面が安心ですが、容器がゴミとして出てしまうという点も覚えておく必要があります。
いずれにしても、各家庭ごとの予算や生活スタイルに合わせ、これらの特徴のどちらを取るか、選択すると良いと言えるでしょう。